スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
オーバーホール完了
2008-02-28 Thu 16:24
先日ご紹介した機械のオーバーホールが終了しました。
yamato-c.jpg yamato-a.jpg
左が試運転を行っている写真で、右が分解中の写真です。
長年の汚れを綺麗さっぱり落とし、再塗装してできあがりです。

試運転の後、現地搬入し、据え付け、現地試運転で完了します。
これで、また10年以上動くことになります。

この様に弊社の機械は、数十年に渡りご利用いただくことがあります。
ライフサイクルが非常~に長いので、リピートが直ぐに来ないというのは、良いような悪いような。

早くつぶれて、「お客さん、新しいの買って下さい。」とは言えません・・・


F.R<http://www.aokicomp.com/>
別窓 | 流れ・仕事 | コメント:8 | トラックバック:0
<<子供用自転車貰って下さい。 | 流れの部屋 | 情報交換in茄子美>>
この記事のコメント
いやいや...
>早くつぶれて、「お客さん、新しいの買って下さい。」とは言えません・・・

その企業さんが優秀なポンプを使って業績をあげられて新社屋を建て、また新しいポンプを購入してくれるといいですね、ホンマのホンマに。
それにすぐにリピートはなくても、やっぱり”信頼”は一番大切ですよ、この時代だからこそ...
2008-02-28 Thu 18:15 | URL | 貼箱屋@熊谷 #VZ63unO2[ 内容変更]
新しい分野を開拓するのも、 いいかも?

技術力があるんだから~

デザイナーさんからの依頼の、まったく! 製品が形になりつつあります。  売り上げに貢献してくれるのは、まだ、先になりそうですが・・・・・・
2008-02-29 Fri 00:04 | URL | タケやん #-[ 内容変更]
>熊ちゃん
>やっぱり”信頼”は一番大切ですよ、この時代だからこそ...

そう、信頼が大切なんですよね。ええ事言うなぁ。
我々の仲間も信頼の絆を深めましょう・・・で、いつ飲みに行く?

>タケやんさん
デザイナーさんから依頼の新商品!
素晴らしいではないですか。
完成の暁には一番に見せて下さいね。
2008-02-29 Fri 09:16 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
やっぱり...
>そう、信頼が大切なんですよね。ええ事言うなぁ。

いや、「エエこと」を言うてるのではなく、これは”真実”ですよね、特に生野・東成界隈で優れた技術を持って良い製品をがんばって造っておられる企業さんをみると、心底嬉しくなったりします! ウチも頑張ろう!...と。

>我々の仲間も信頼の絆を深めましょう・・・で、いつ飲みに行く?
了解!
またメールさせて頂きますで御座いまする...
2008-02-29 Fri 16:33 | URL | 貼箱屋@熊谷 #VZ63unO2[ 内容変更]
オーバーホールは大変・・・
装置のオーバーホールって大変ですよね。
磨耗や錆の対処、機器のメンテナンスなどなど・・・
見た目が油でコテコテなのも困りますが、バラしてびっくり!
っていうのも困りますよね。

丹念に創りあげた製品だからこそ、ながく動いてくれるのだと思います!
2008-03-03 Mon 19:18 | URL | 営業マン@パーツフィーダ屋 #-[ 内容変更]
本当に大変
>営業マン@パーツフィーダ屋さん

コメント有り難うございます。

これは本当に大変ですね。
特に古い機械になると、分解して、「修理にこれだけかかります。」と言うと、「そんなに掛かるんなら、やめとくわ。」と言われることも・・・

でもこれ、家電でも同じですよね。
故障して修理に持ち込んで修理費用を聞いたらそんなに高いのなら新しいの買うわ。って言ってしまいます。

長く使うと、オーバーホールは必要。
それでも使って頂けるのは本当に有り難いことです。
2008-03-03 Mon 21:38 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
オーバーホールの見積
これって、かなり厄介ですよね。
バラさないと見積れない。
どの部品を交換するか、というのも悩みますが、
やはり、見積回答した時のお客様の反応が
一番怖いですよね。

オーバーホールって、お客様が思っているより、
コストがかかりますからね・・・
ポンプもパーツフィーダも、産業機械だけでなく、機械ものは一緒かも知れませんね。
2008-03-05 Wed 19:08 | URL | 営業マン@パーツフィーダ屋 #-[ 内容変更]
全く同感です。
どこがつぶれてるのかわからないのに、オーバーホールの見積もりを先に出させ、実際分解したら予想外の部品交換が必要の場合でも、客は見積もり外は払えないという場合もありますね。

それやったら、壊れてる部品そのまま使ってええんかと言うことになるのですが、メーカーの泣き寝入りですね。

これを防ぐためには、見積もり段階でかなりの範囲の部品交換を想定します。
そうなると結構高い。

修理は、事後処理にして貰わないと困りますよね。
そういう意味で、工業用製品は難しいです。
2008-03-05 Wed 21:12 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 流れの部屋 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。