スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
産技研技術発表会
2009-03-07 Sat 11:13
大阪産業創造館にて行われた、大阪府立産業技術総合研究所の実用化技術発表会を見に行ってきました。

大阪府立産業技術総合研究所というのは、府内の産業とくに中小企業の技術指導とそのレベルアップを目的として設立された、和泉市にある公的機関の研究所です。

「環境技術の新たな展開」という題目で、環境の分析・測定・浄化技術の新潮流、バイオマス資源に関する9テーマのショートプレゼンテーションがありました。
sangikenn-a.jpg

この中で特に勉強になったのが、
「メタン発酵ガスの脱炭酸ガスシステム」
sangikenn-b.jpg

バイオガスと言うのは、畜産排泄物、食品残渣などから出る有機物(C,H,O,N,S)を発酵させて出てくるガスですが、ほぼメタン約60%、二酸化炭素約40%、その他微少ふくまれます。

発表されたシステムとは、バイオガスから純度の高いメタンを取り出すための技術です。

簡単には、二酸化炭素はメタンに比べて水に溶け込みやすいことを利用し、バイオガスを水に通すと、二酸化炭素は炭酸水となり、残った気体を取り出すと、そこには純度の高いメタンがあるというものです。

メタンは都市ガスなどの主成分ですので、エネルギーにかわります。

つまり、家畜の排泄物が、家庭のガスとして供給されると言うことですね。

二酸化炭素もメタンも温暖化ガスだそうで、如何に大気に放出しないようにするかという技術が研究されているんですね。

この環境に関わる技術に、うちの機械を使ってもらえないか、色々試行錯誤中です。

F.R<http://www.aoki-gascomp.com/>

別窓 | セミナー | コメント:0 | トラックバック:0
<<弊社商品新サイト | 流れの部屋 | トナカイ倶楽部7.0第3回定例会>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 流れの部屋 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。