スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
マンセル記号
2010-02-05 Fri 13:54
機械の塗装をする場合、塗料メーカーさんには マンセル記号 という記号で塗料を注文します。
メーカーは、マンセル記号 に従い、配合量を変えてオーダーでその都度色を作っていくのです。

しかし、メーカーが変わったり、発注年月が違うと全く同じ色が出来るわけではありません。
当然多少の色の違いは致し方のないところです。

今回 マンセル記号 2.5BG3.5/1 という指示で注文しました。
購入した塗料で機械を塗装すると、

mancer-a.jpg mancer-b.jpg

左が今回入手した色で、右が以前まで塗っていた色です。

「いくらなんでも、違うやろ。。。」

これを、メーカーに言うと、「そのマンセル記号で間違い有りません。」と言われるだけで、、、
前回と今回でメーカーが変わった事もあり、仕方なく当分はこの色で塗装を行うことになります。


でも、どう見ても、配合ミスとちがうん
発注量の少ないところは、文句を言えないんです。

F.R<http://www.aoki-gascomp.com/>




別窓 | 流れ・仕事 | コメント:9 | トラックバック:0
<<ハイチ地震ユニセフ緊急募金 | 流れの部屋 | WEBセミナー>>
この記事のコメント
「マンセル記号」! なつかしい!

色の資格を取る時に勉強しましたわ。

塗料はマンセル記号を使うんですね。


しかし、色を合わすのは難しいもんです。

名刺を印刷するときなんかでも、
データの数値上の色、画面で見る色、
プリントアウトした色。
結構な違いが出ます。

解決策は
塗料がすぐに無くなるくらい、営業を頑張る事でしょうか。
2010-02-05 Fri 17:46 | URL | 名刺コンサル・しんちゃん #tHX44QXM[ 内容変更]
違いすぎやね。
2010-02-06 Sat 04:43 | URL | タカ #-[ 内容変更]
 以前の仕事では、トラブルを避けるため、印刷屋さんから分厚い色見本を持たされていました。
(残念ながら、使うことはなかったんですが。)
2010-02-06 Sat 07:09 | URL | ぶひん #DwMn3bTE[ 内容変更]
マンセル記号って 印刷業界の色合わせ方法と思ってました。
我々は、 やっぱり色見本や現物部品を渡して 塗ってもらいます。
まぁ、それでも建物なので 光の加減や遠くから見たときなど、微妙な違いを言うてくる人もいます。
「そんなとこ、誰が気づくねん!」 と言いたい時も多々あります。
2010-02-06 Sat 09:26 | URL | YOPPY #-[ 内容変更]
>しんちゃんさん
解決策までご教授いただきまして有り難うございます。
ポンプ100台買って下さい。m(_ _)m
2010-02-06 Sat 09:52 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
>タカさん
どう見ても違いすぎでしょ。
でも、メーカーに「間違いない。」といわれると・・・
2010-02-06 Sat 09:54 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
>ぶひんさん
塗料用にも色見本あるんですよ。
でも、全ての色が出ているわけではないのです。
今回の色も出ていませんでした。
また、色見本冊子をご紹介しますね。
2010-02-06 Sat 09:57 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
>YOPPYさん
建築物の場合は、色見本と全く違うように感じますね。
自宅の壁の塗装をやり直したとき感じました。
古い壁の色に一番近い色見本で合わせたつもりが、できあがったとき「なんでこんなに赤いねん!」と思いました。
2010-02-06 Sat 10:02 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-06 Sat 16:32 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 流れの部屋 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。