スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
神道のこころ
2011-07-29 Fri 09:17
トナカイ倶楽部で紹介頂いた

 ”神道のこころ” 葉室 頼昭 (著)

sintou-1107.jpg

を読みました。

春日大社の宮司 葉室 頼昭さんは、以前はお医者さんでした。
宮司さんというのは、若い頃からその神社で遣えておられた方だと思っていたのですが、そうではなく60歳を超えて神学の勉学を通信教育から始め、医者を続けながら宮司になるための難関試験を合格され転身された偉大な方です。

神道とは、宗教でもなく、仏教でもなく、元来人間が生きていくために身につけた心、感謝の心、なに物をも重んじる心、つまり日本人誰もが持っている自然な無垢な心を大切にすると言うことでしょうか。

宇宙が発生し、地球には水ができ、生物が産まれた。
その進歩は神が導き出した物である。

人は考えることをしなくなると脳が退化する。
現在、仕事として頭を使っている分野だけでは、脳は退化する一方で、全く違った分野の勉学に励むことが脳には刺激となり活性化するのである。

ノーベル賞を取った人でさえ、その発想は専門分野からではなく、違った色々な分野の勉強をして、発想が生まれるのである。

などなど、医者として、宮司として、心や考え方をとらえた著者の現代人に警笛を送る1冊だと思います。

F.R<http://www.gasconlab.com/>

別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
<<二十歳のお祝い? | 流れの部屋 | ワークキャップ>>
この記事のコメント
学ぶべきだと...
この本、素敵ですよね。

神道や日本人が古来より持っていた思想などについては特に現代では学ぶ場、
機会が皆無ですよね、いろいろと問題も有るようですし。
しかし、国の文化そのものと言っても過言ではない神道に関してはやはり、
できれば学校単位で学ぶ時間が設けられればなぁ... と、個人的に思います。
絶対無理だと思いますが... (^^;))
2011-07-31 Sun 10:09 | URL | 貼箱屋@熊谷 #VZ63unO2[ 内容変更]
>熊ちゃん
たまにはこういうことも勉強しないといけませんね。
そう言う意味でトナカイは、色々な勉強をさせてもらえるので良いですよね。
2011-08-01 Mon 13:10 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 流れの部屋 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。