スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
永遠のゼロ
2013-08-04 Sun 10:51
最近テレビに良く出演されている作家”百田尚樹”さんの『永遠のゼロ』。

book1308-03a.jpg

日本が開発した零戦を取り上げた話題作です。
零戦はアメリカも恐れた戦闘機の名機。
しかし、資源や人材に乏しい日本では改良が進まず、アメリカの新型戦闘機に敗れてしまう。

戦後日本は、国産初の旅客機YS-11を開発したもののそれだけで終わってしまいました。
零戦というこれだけの技術がありながら、なぜ国産旅客機や戦闘機が開発されなかったのか 不思議です。
がんばれ Mitsubishi Regional Jet

零戦の凄さを、戦争を知らない我々に教えてくれる1冊です。

流れの部屋<http://flowroom.blog60.fc2.com/>
別窓 | | コメント:8
<<アベノミクス効果成長率47.37% | 流れの部屋 | 居酒屋 三本松>>
この記事のコメント
ゼロ戦と言えば...
ゼロ戦といえば、宮崎駿さんの新しいアニメが諸事情から色々と苦戦しているようですね。

それはさておき...

そうです、この「永遠のゼロ」 、読みかけです。(^^;))
映画も上映されるとのことなので、早いこと読んでしまわないと...

日本人が技術的に悪戦苦闘して創り上げた素晴らしいモノや、そのモノづくりのお話には素直に感動したいですね。 早ょ、読も、読も...
2013-08-05 Mon 10:04 | URL | 貼箱屋@熊谷 #VZ63unO2[ 内容変更]
>くまちゃん
上映前までに、読み終わって下さい。(^^)/
2013-08-05 Mon 11:09 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
零式艦上戦闘機
「永遠のゼロ」 は、読んでませんが・・・。

零式艦上戦闘機は、確かに当時の世界最高レベルの戦闘機でした。当初は、米軍も恐れていました。
しかし、「日本の資源や人材に乏しい」から改良が進まなかったわけではありません。元々の設計思想が「攻撃最優先」で、「防御」は考慮されていませんんでした。
「攻撃」にはめっぽう強かったですが、逆に攻撃されるとエンジン、燃料タンク、搭乗員を守る防御壁がほぼなかったので、すぐに撃墜されました。
当初より、現場のパイロットたちからは、防御壁装備の強い要望が上がってきましたが、当時の海軍航空参謀源田実(げんだみのる)の「大和魂で乗切れ!」との一言で一蹴され、防御壁は装備されませんでした。
米軍は、戦闘機のみならず搭乗員を失うことの重大さを合理的に判断し、重防御のグラマンF6Fヘルキャットを投入しました。ゼロ戦に比べて重量はほぼ二倍(その分、防弾フロントガラスの他、96kgに及ぶ装甲がコクピットに張り巡らされた。同様の装甲が、燃料タンクとエンジンにも施された。)、しかし同じく二倍の2,000馬力級エンジンを備え、日本海軍のベテランパイロットが少なくなった頃には、零戦では歯が立たなくなり、次々と撃墜されました。
単純に、技術や資源などの問題ではなく、当時の日本軍の思想や戦略の価値観の間違いによって、多くの若者が命を落としたんです・・・。
2013-08-05 Mon 14:44 | URL | hakoya@村上 #-[ 内容変更]
>村上さん
詳しいですね。なんかその当時に、一緒に戦っていたみたいで...
是非「永遠のゼロ」 を読んで下さい。
2013-08-05 Mon 15:11 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
>零式艦上戦闘機
戦友が、沢山散っていきました〜。
って、違う違う。まだ、生まれてへんし!
「永遠のゼロ」 、読まなあかんね〜。
2013-08-05 Mon 15:40 | URL | hakoya@村上 #-[ 内容変更]
読んでみたい本の一冊です。 わが父は戦争中、ゼロ戦や九九艦爆の整備をしておりました。 でも、 あまりゼロ戦の話はしませんでした。  箱屋のM氏も詳しいですね~  とんでもない航続距離の要求など
設計士なかせの海軍の要望で、防御の弱いゼロ戦ではありましたが、 でも! ロマンのある戦闘機でしたよね~  DVDで飛んでるゼロを、時々見ます!
ちなみにアジアで当時、飛行機を作れたのは日本だけです! 
2013-08-06 Tue 19:51 | URL | タケやん #-[ 内容変更]
>タケやんさん
本日は、広島に原爆を落とされた日でした。
朝8時15分黙祷をしました。
零戦を思い出したくない方々もたくさんいるのでしょうね。
でも、戦争を知らない世代には零戦がどんな物かも知って欲しいですね。
2013-08-06 Tue 22:55 | URL | F.R #HfMzn2gY[ 内容変更]
ゼロ
タケやんさん、お父様はゼロ戦や九九艦爆の整備をしておられたのですね(九七艦攻も?)。
マスコミの影響もありますが、ゼロ戦や戦艦大和はあまりにも美化され過ぎています。もっとその背景を知らないと、本質はわかりません。ゼロ戦もそうですが、大和もその際たるもので、真珠湾で自らが航空戦の扉を開きながら、大艦巨砲主義に固守して世界一の戦艦の運用を間違い、大和ホテルとしての価値しか見出せなかったということです。日本軍の思想の本質を、知るべきですね!
2013-08-06 Tue 23:44 | URL | Hakoya #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 流れの部屋 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。